おそうじ本舗に依頼できるお風呂掃除の内容

おそうじ本舗に依頼できるお風呂掃除の内容

 

おそうじ本舗はプロの清掃業者です。

一口にお風呂掃除と言ってもその中では細部に分かれているので、おそうじ本舗にお風呂掃除を依頼する私たちは「どのような内容の掃除があるのか、そしてそれらの掃除にはいくらのコストが掛かるのか」を理解しておかなければなりません。

 

基本的におそうじ本舗に依頼できるお風呂掃除の内容は、以下の4項目に分かれています。

  • 浴室クリーニング
  • 追い炊き配管クリーニング
  • 浴室乾燥機クリーニング
  • 浴室エプロン内部の高圧洗浄

 

この記事ではこれら4つの掃除の内容がどのような内容なのか、そしてそれに掛かる料金(コスト)はいくらなのかについて簡単にご紹介します。

 

おそうじ本舗に依頼できるお風呂掃除の内容

浴室クリーニング(13500円~17000円)

おそうじ本舗が手掛けている掃除の中で、2番目に高い人気を誇っているのが「浴室クリーニング」です(ちなみに1位はエアコン)。これは浴室全体の掃除となっており、浴槽や浴室壁などはもちろん、排水溝回りなども掃除対象になっています。

細かい内容は以下の6項目となっていますが、「追い炊き配管/浴室乾燥機/エプロン内(徹底的に掃除する方)」等は別プランです。

 

  • 照明、換気扇のお掃除(換気扇は簡易清掃)
  • 天井、壁麺、窓、蛇口、シャワー、排水溝まわり
  • 鏡の水垢の除去、コーティング
  • 浴槽
  • エプロン(取り外し可能な場合に簡易的な掃除)
  • 全体を乾拭き

 

浴室には皮脂汚れ、水垢、湯垢、カビなどの様々な汚れが発生しますが、どれも汚れの性質が異なるため、基本的には「汚れの種類によってベストな掃除方法が変わる」と言っても過言ではありません。

それぞれに適した専用の薬剤を使用し、カビや水垢に関しては「今後の使用で汚れにくくなるような工夫」まで施してくれます。

 

浴室全体のお掃除であればユーザー自身でも十分に掃除が可能な部分ですが、しばらく掃除を怠っていたことによる頑固な汚れは、簡単には落とすことができません。

そのような場合に、おそうじ本舗のプロの技術を頼ってみることは非常に賢い選択だと言えるでしょう。実際にプロの作業を見て、どこをどのように掃除すれば効果的かも勉強しておくといいかもしれませんね。

 

追い炊き配管クリーニング(23000円)

追い炊き配管除菌クリーニング

 

個人的に非常におすすめなのが「追い炊き配管除菌クリーニング」です。これは2019年秋口から開始された新サービスで、まだ人気の掃除内容ランキングには入っていませんが、近々ベスト3にはランクインするんじゃないかと思っています。

私自身、仕事の関係で人のお家の浴室にお邪魔する機会があるのですが、お家全体が綺麗な人で浴室のメンテナンスもしっかりと行き届いている人は少なくないものの、追い炊き配管など「素人が掃除するのは難しい箇所」の汚れはどうしようもありません。

 

追い炊き配管を通ったお湯に浸かるわけですから、ここで雑菌が繁殖していた場合…。身体を綺麗にするためのお風呂で、身体を雑菌まみれにしているということになります。

これまでに徹底的なお掃除をしたことがないという人は、一度プロによる配管洗浄がおすすめです。

 

追い炊き配管に汚れが詰まってしまった場合、衛生的じゃなくなることの他にも給湯器に負担が掛かってしまったり、ひどい時にはお風呂の循環ポンプの故障などにも繋がってしまうでしょう。

それを考えたらこの料金も決して高い価格設定ではないと思います。

 

浴室乾燥機クリーニング(10000円)

 浴室乾燥機が搭載されているご家庭では、ここもユーザー自身が手をかけるのは難しい部分になるので、プロに依頼した方がいいです。おそうじ本舗の浴室乾燥機クリーニングではフィルターだけでなく、簡単な分解をしたうえで清掃してくれます。

浴室乾燥機の主な汚れは、シロッコファン(風を送るための扇風機のような役割の部品)に詰まるゴミだったり、カビ汚れです。

 

ユーザーが自らお手入れできる部分はせいぜいフィルターくらいなので、フィルターを一生懸命掃除していたとしても、内部にカビが繁殖していれば浴室中にカビの胞子をまき散らしてしまうことにもなりかねません。

浴室乾燥機のカビ汚れが酷ければ、動かすたびに浴槽中がカビに侵されてしまうでしょう。特に「浴室乾燥機を使って洗濯物を乾かしている」というご家庭も多いと思うので、選択したての衣類にカビをまき散らさないためにもおすすめです。

 

浴室エプロン内部の高圧洗浄(8000円)

エプロン内部高圧洗浄

エプロンというのは浴槽のカバー部分のことです。タイル風呂などの場合はエプロンが搭載されていないエースもありますし、一昔前のユニットバスなどであれば「エプロンがなく、ちょっとした点検口だけ」というケースも。

最近のシステムバス、ユニットバスのほとんどはエプロンが搭載されていて、浴室のサイドを持ち上げるだけでガバっと取り外せるケースが多いのですが、日常の掃除でここまでやっているという人はほとんどいません。

 

1番上でご紹介した浴室クリーニングにもエプロン掃除は含まれていますが、こちらはより深い内容となっており、専用の機材を使った高圧洗浄と防カビのためのチタンコーティングがセットになっているコースです。

「浴室クリーニングでは落とせなかった汚れも~」というアピールになっていますが、この中には頑固なカビ汚れなどがびっしり付いているケースが多く、専用の機材などでもなければ簡単に落ちない汚れということが考えられます。

個人的には「浴室クリーニングをやってみて、もし落ちない汚れだらけだったら改めてこちらを依頼してみるのもいいのでは?」というのが本音です。

 

おそうじ本舗のハウスクリーニングで快適な浴室を手に入れよう

お風呂の汚れは種類が豊富なため、オールインワン洗剤のようなものがありません。皮脂汚れには皮脂汚れ用の、カビ汚れにはカビ汚れ用の薬剤を使い、しっかりと汚れを落とす必要があります。

もし誤った掃除方法で壁や浴槽を傷つけてしまった場合、その傷部分は汚れやすくなる拠点になってしまう可能性も出てくるでしょう。

ちゃんと自分で掃除できているという自信があっても、自分の知らないところ(見えない所)で汚れが蔓延している可能性も否定できません。これまでに大々的な大掃除をしたことがないという人は、ぜひおそうじ本舗の浴室クリーニングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

【おそうじ本舗公式サイトはこちら↓】

おそうじ本舗